今日のごはんは何ですか??+
プロフィール

maicook.

Author:maicook.
旦那と2人の娘ねぇね(3歳)とおチビ(0歳)の4人家族。
30代の主婦です。
家のこと、育児のことなど
記録の為に
綴っていこうと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装ドア その3
ドアの見積もりが出ました。

やはり


お高い



リビングのドア、トイレのドア、玄関のシューズボックスのドア、3点合わせまして

パナソニックのものの3倍近くもする・・


さすがにムリ


せめてリビングのドアだけでも・・


私お小遣いガマンするからーー!!!


と粘って色々検討した結果、

やはりトイレのドアと位置が近い為(向かい合う感じ)、質感が違うのはどうか?ってことになり、


設計士さんから

トイレのドアは、木の素材感があるドアを扱っているという、

WOODONEというところの建具を見てから決めてはどうか。とアドバイスいただき、



早速、見てきました!


そして


かなりあっさりと・・・


ん・・・


全部これで良くない??



こちらのドア ジュピーノうづくりシリーズ

woodonedoor

パインの無垢材でできたもので
ウレタン塗装してあるとはいえ、木の感じがなかなか

なにより、ガラスがチェッカーガラス?という、レトロな雰囲気のものでカワイイ!


色がちょっと濃い気がするけど

旦那は気に入った様子。


お値段も、パナソニックのものよりは高いけれど

River*green の半額以下!!



捨てがたいけれど

やはり私どもには手に届かない金額でした?



とっても素敵なドアだったので River*green
予算に余裕のある方は検討されてはいかがでしょうか






スポンサーサイト
内装ドア その2
順序が逆になりましたが

最初の見積もりに提示されていた内装ドアはパナソニックのものでしたので
そちらについて書いておこうと思います。


モノはまず見てみないと話にならん。というわけで
ショールームも行ってきました。



それにしてもパナソニック・・いろんなものを作ってらっしゃる。

ショールームに行ってまずそこに驚きました。

ここだけで家まるごと作れちゃう感じです。


肝心のドアは、
スタンダードなこのラインナップから


イメージはこんな感じ↓ 実際は親子ドア。

         スタンダードタイプ


至って普通のお部屋のドアですね。

木目調の樹脂化粧シートを貼ってあるタイプのこのドアですが
それほど安っぽーい!という印象もないしデザインもシンプルだし

全然アリだわ?って思ってたんですけどね。あの子に会うまでは。



ただ、クリアな部分がアクリルなのがちょっと残念だな?とは感じました。
小さな子がいるので、安全面ではいいのですが
質感がやはり・・ね。



今度の我が家、

玄関開けて入ると、左手にトイレ、右手にリビングのドア、という作りなので

同じ空間のドアは統一感があった方がいい!ということで

当初トイレのドアは既存のものを使う予定でしたが

こちらも変更することに。

これだけで予算オーバー!


それなのに。


あっちのドアにしたらどうなっちゃうのだ?




内装ドア その1
先日、内装ドアのショールームへ行ってきました。


見積もりではパナソニックの普通のドアだったのですが


お願いしているリフォーム会社の設計担当の方が

「奥様が気に入ると思いまして・・」と控えめ、かつウキウキと持ってきたのがこちらのドア。

River*green


確かにツボ・・

飯能(埼玉県)・・(我が家から2時間近くかかります)というとこでちょっと引いたのですが
一応見に行ってみようということで

旦那と小旅行気分で行って参りました。


ここ???


ってなくらい地味な場所で

ショールームどこにあるんですか?

と不安を覚えましたが・・


埼玉県の良質な木材「西川材(スギ・ヒノキ)」を使用したものだそうで
ナチュラルな感じが漂うステキなドアでした。


せっかくはるばる来たので
見積もりをしてもらうのに、
旦那とあーでもない、こーでもないと言いたいことを言ってきました。


トイレのドアはこのタイプ。
小窓がついた可愛らしいドアです。
内部が見えないように
ガラス部分はリブモールガラスというものにしてもらいます。

fairy1.jpg


リビングのドアはこっち。


monk1.jpg


ガラス部分をアンティークガラスというゆらゆら(??)したガラスに
してもらいます。

色は悩んだ末、ダークブラウンに。

ドアノブがまたかっこよくて
アイアンで凸凹したバーになってるもの(よくわかりませんね・・)がいいと
旦那がゆずりませんでした(笑)←これがまたお高め。

これだけで部屋の雰囲気がぐっと変わりそうなドア達です。


が。。。

お値段、それなりにするわけで。


見積もり次第ではパナです。パナ!


でも比べてしまうとやっぱり全然違うんですよね?!!


おしゃれな雑貨屋さんや、カフェで見かけそうなこちらのドア、
一体、一般住宅に似合うのか?? しかも我が家・・
という一抹の不安も覚えつつ・・


とりあえず見積もり待ち。



さて

ドアにどれだけつぎ込むか!



悩むところです










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。