今日のごはんは何ですか??+
プロフィール

maicook.

Author:maicook.
旦那と2人の娘ねぇね(3歳)とおチビ(0歳)の4人家族。
30代の主婦です。
家のこと、育児のことなど
記録の為に
綴っていこうと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産の記録
かれこれ一か月が経ってしまったけど
第2子出産の記録をしておこうと思います。

予定日は11月6日だったけれど、

長女と同じ誕生月になってしまうので

10月中に産まれればいいなぁと思ってたし

もうお腹もパンパンで限界だったので

とにかく早く出てこーいと言い聞かせていた甲斐があって

予定日より10日早い

10月28日の12:00頃、病院へ行くと子宮口が5、6cmくらい開いているとのこと。


看護師さんに「お腹痛くない?」と言われたけど

「ん~痛いような・・」という程度。

NSTをしたところ、張りも結構きているので

「このまま陣痛になると思うけどどうする?」と先生に言われ

とりあえず家に帰ることに。


帰る途中、お腹が痛くなってきたけど

いつもはバスで帰る道をいつも以上に軽快に歩いて

お気に入りのケーキ屋さんでケーキまで買ってしまった。



早く産まれて~といいつつ、実は準備が完全ではなかった私・・

急いで家に帰って、途中の家事を終わらせて

入院の荷物と、長女の荷物をまとめたり、友達の出産祝いを送る準備をしたり、

ブログを書いてみたり・・

お腹もだんだん痛くなってきてたんだけど

なぜか時間を計らず・・

まだ間隔もあるし、と油断していたからかな・・

もしかしたらすでに定期的に来ていたのかもしれない。

旦那に連絡したけど帰ってきてくれそうもなかったので

16:30 痛みをガマンしながら保育園へお迎え。


間隔を計ってみると約13分とか10分とかバラつきもあり、痛みも強かったり弱かったり。

保育園に着くころには痛みが来るとちょっとうずくまって耐えなきゃいけないくらい。


17:00 長女を連れて、コンビニで出産祝いの発送手続きをしているとき、

店員さんから、「(出産)そろそろですか~??」なんて言われ

「あの、今陣痛来てるんです・・」とも言えず

「そろそろです~」と答えて急いで家へ。


途中、なかなか進んでくれない長女に

「ママね、お腹痛くなっっちゃったの。お願いだから早く帰ろう!!」とお願い作戦。

時々うずくまるママを心配してくれたのか、

なんとかおとなしく歩いてくれて

「お薬あげるからねっ!はい、飲んで」とお薬をもらいながら(笑

なんとか家に。

でもまだ全然歩けるし、耐えられる痛み。


旦那が帰ってきて、10分間隔になってきたころ、とりあえず病院に電話してみろ、と言われ

18:00 病院に電話したところ

「すぐ来て!どのくらいでこれる?」と言われてびっくり。

前回の時は7分間隔でもまだ来なくていいとか言われたし、

そこから出産まで16時間くらいかかったから、まだまだだと思ってた!


それから慌てて、でもちょっとお風呂も入りたい・・と思って

急いでお風呂に入り、長女を義実家に預けに行き、

病院へ向かう途中、だんだん痛みが強くなって間隔も7分、6分と短くなってきた。

「ふーふー」と懐かしい痛みになってきた。


19:00過ぎに病院に着くと、

「なかなか来ないからどうしたかと思った!!」と助産師さんがバタバタと駆けつけてきて

「分娩室空けて待ってたのよ~」と。

そこで旦那が「のんきに風呂に入ってました」と告げ口。

言わなくていいのにー!!と思ってたら案の定

「も~」と呆れた顔をされてしまった・・


19:20頃 分娩室に入り、院長先生が内診。

「7,8cmかなー、もう2,3回いきんだらでてきちゃうよ」って笑って出て行った。


モニターを付けられ、ガマンできなくなったり、いきみたくなったら呼んでくださいと言われ

旦那と二人、分娩室に残された。


前回、ビデオも写真もどーもイマイチで事あるごとに文句を言われていた旦那。

今回はやると!と張り切ってビデオを回し始めたり、カメラのアングルを確かめたり。

それをしばらく笑って見てたのだけど

だんだん笑えなくなり、お尻の方まで痛みが!!来た来た!!


でもやっぱり前回はいきみたくなってからも子宮口が開かず、しばらくもだえてたので

今回もガマンしてたら

「とにかく呼んでみろ」とまたまた旦那に言われてナースコール。


助産師さんが来て、

「あらあら、経産婦さんがおしりを押さえていきみたがってる!」と言いながら

バタバタと出産準備に入り、

「次いきみたくなったら、いきんでいいわよ~」だって!

もういいの???またまたびっくり。

痛みに任せていきんでみる。


前回、多分、力いっぱいいきみすぎて、痔になったので(汗

今回はちょっと控えめに・・


そこで破水。

助産師さんがいじったのかな?よくわからないけど

生温かい感触とともにジョボーっと大量に。

前回は破水したのもわからなかったから、なんか感動。これが破水かぁ。


えーっとどうやっていきむんだっけ??と思い出しながら

さて、いきむか、と思ったら、

小さな穴からとてつもない大きなものが出ようとしている!!という感覚。

あれ、今回は切ってくれてないような・・裂けちゃうよ~

無理無理、出ないって!!

と思ったけど赤ちゃんは待ってくれませんでした・・

焼けつくような痛みとともにメリメリって音がした気がした。




「もう頭でてる、見えますか?」と言われ下をみたけど

モニターが邪魔で全然見えない!!


多分2,3回いきんだと思う。院長先生の言うとおり。。


「もういきまないで!」と言われなんとかこらえると

踏ん張っている足がブルブルと震えて怖かった。


その後、ヌルっと生温かい感触とともに顔が見えた!



20:09 出た~!!



分娩室に入ってから1時間もたたずに・・


3352gの元気な女の子。



「間に合ってよかったね~」と言われ

事の重大さに気づいた。

ほんと、経産婦を甘く見てました。

あとちょっとで車で破水!ってなことになってたかも。


とりあげてくれて、足だけ触らせてもらうと

ふにゃふにゃでやわらかくてあたたかくて。

しわくちゃのお地蔵さんみたいな顔だけど

とにかく無事産まれてくれて良かった。




今回は夜だったので当直の先生だったんだけど

外来の先生ではなく、医局からきている若い女医さんでした。

お産の最中、一切口を挟まず、というか参加せず。。

一歩離れて見ているだけでした。

だから会陰切開もしてくれなかったのかな。

結局裂けてしまったので、その先生に縫ってもらったんだけど。


そこの病院の先生はみんないい先生だったので

誰に当たるか楽しみだったのだけど、なんか残念でした。



さて、うちの次女、頭が大きいらしい。

測りながら看護師さんが

「頭大きいって言われてました?」と笑ってたので

体重のわりに大きいのかな?

頭囲35cm。痛いわけです。



それにしても

出産ってどうしてこんなに壮絶なんだろう。

もうちょっと楽な感じでも良かったんじゃないか、と

つくづく思うのです。


それでも母親は産んでしまうと

実にケロっとしているんですね。

あんなに大変で痛かったはずなのに。

それ以上にわが子を抱いた時の幸福感ってすごい。



長女に続き、次女も

何事もなく無事、元気に産まれてきてくれてありがとう。

娘たち、そして支えてくれた人達に

感謝します。



以上、次女出産の記録でした。










スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。